健康に暮らすために

さようなら、お薬さん

 

さようなら、お薬さん
小さい頃から、よく風邪をひいていました。

 

その度に、お医者さんの薬をもらって飲んでいました。
子供用の甘いお薬でした。素直な性格だったので、言いつけ通りに、最後まで飲んでいました。

 

一度に錠剤を10粒まとめて飲めるようにもなりました。粉薬もオブラート無し、漢方の苦い煎じ薬も平気になりました。
20代前半頃から微熱が出るようになりました。大学病院で精密検査を何度もしました。
だんだん高熱や関節の痛みが出ました。

 

病名がわかるまで、1年半以上かかりました。
膠原病でした。初期の微熱の頃には、分からず、悪化して判明しました。

 

薬は何でも受け付ける体質だと思っていたのに、薬アレルギーになっていました。
新しい薬を試しては、何度も全身蕁麻疹がでて、頭の先から足の裏までかゆくて、がまんできず、近所の夜間診療をしている病院に駆け込みました。

 

とりあえず、点滴で薬の成分を抜く処置をしてもらいました。

 

次の日かかりつけの大学病院に行き、即入院。何度も繰り返しました。
結局治療に使える薬は、プレドニンだけでした。一旦飲み始めると、やめれない、薬です。

 

薬を飲み始めると、ゆるやかではありましたが、病状は改善されました。
ただ、薬の副作用もありました。顔がムーンフェース、まん丸くなってしまいました。

 

体重は40kgくらいなのに、顔だけ見るととっても太っています。
ある意味元気そうです。
とにかく、薬の恐ろしさを何度も身にしみて分かっていたので、薬を飲むのをやめたいと強く思っていました。

 

医者の指示に従いながら、徐々に減らしていく日々です。
ちょっと減らすのに、4週間くらいかかります。体を徐々に慣れかせる為です。バイアグラ通販

 

気が遠くなる年月でした。15年以上かかりました。でも今では、薬無しで生きています。
自分に病気がある事で、無理をしなくなりました。規則正しい生活です。
ちょっと風邪気味だと思ったら、さっさと寝てしまいます。

 

咳がでるなら、蜂蜜大根を飲む。
自然治癒力を信じてます。薬はありがたいものだけれど、怖い面があります。現代は薬の飲み過ぎだと思います。

 

感染症や怪我などには当てはまらないでしょうが、ありとあらゆることがそうだというわけではないものの、相当な割合でストレスがあらゆる病気や体の不調、または治りにくさの原因ではないかと思います。

 

もしかすると、免疫力との関係で感染症へのかかりやすさやその後改善するまでの時間や、怪我の程度や治りやすさにはストレスの程度が関与しているのではないでしょうか。

 

実際に私自身、今から数年前にとにかく病院に通ってばかりの時期があって毎月の病院関係への出費がすごく多かったことがあります。

 

病院で血液や超音波など様々な検査をされて診断してもらった結果、自律神経失調症、膠原病と白血病の疑い、脂肪肝、原因不明の頭痛、倦怠感、やる気が出ない、食欲不振など数えきれないほどの体の不調があり、自分ではハッキリとした原因がわからずただ体と気分の調子だけが悪く不安で仕方なかったんです。犬猫のノミダニ 駆除

 

このときは、後になってわかったことですが自分に合わない仕事と職場で無理に働いていて、あまりにも調子が悪くなってしまってそこではもう働いていけないと辞めた直後、あらゆる体と気分の不調が全て瞬時に改善した経験があります。

 

苦痛に感じていたやりたくない仕事を、自分とは合わない環境で無理に働いていた為に、自分でもわからないほどのかなりの心的負担をかけていたらしく、そのストレスが原因になっての不調だったようです。

 

そのとき1、2回通っていた精神科でカウンセリングをしてくれていた医者が、仕事を辞めてからの私の変わりようにすごく驚いていたのを今でも覚えています。

 

多少のストレスやプレッシャーは、自分を成長させる為や進む為の推進力として活かせますが、あまりにも耐えきれないほどでは害にしかならないことを、実体験から学びました。ストレスやプレッシャーが完全になくなることはありえないので、それらをうまく使っていく方法やコツを学ぶことが大事なのだと思います。

 

あらゆる体と気分の不調と病気や、感染症への耐性や怪我の治りやすさなどには、ストレスが多大に影響していると思います。

薬を服用される場合に正しい飲み方をできていますか?
私も毎日薬を服用しています。

 

以前、薬を飲む時に疑問をもったことがあります。
まず「薬は何と一緒に飲んだら良いのだろう?」という疑問です。

 

一般的には水で薬を飲むことが多いと思います。
私もいつも水と一緒に薬を服用していました。

 

ただし場合によっては、お茶などで服用してしまったこともあります。
薬を服用する場合、水以外のもので服用して良いのかと疑問に思って薬剤師の人に質問したことがあります。シアリスジェネリック

 

薬剤師さんは、「水で絶対に飲まなければならないというわけではない」と言っていました。
ただ、薬によっては水以外で薬を飲んでしまうと薬の効果が減少してしまう場合があるようです。

 

お茶には「タンニン」という成分が含まれていて、薬によっては効果がうすれてしまうとのことでした。
水以外の物で薬を飲んだことで、身体に悪いということではないようなので安心しました。

 

しかし薬の効果をしっかりと得るためには水で薬を飲むのがベストだといえます。
薬によっても違うようなので、薬を服用される際には医師や薬剤師にしっかりと相談した方が良いでしょう。

 

薬を飲む時に限らず、薬を飲んだ後1〜2時間は水以外の物を飲まない方が良いようです。
せっかく薬を服用しても薬を服用して間もなく、お茶を飲んでしまうと胃の中で効果を減少させてしまう可能性もあるので注意が必要です。水虫の薬

 

お茶に限らず、コーヒーや牛乳、ジュースや炭酸飲料も薬を服用する時、服用後も飲まない方が良い場合があるようです。
よく薬の箱などに注意書きとして「用法、用量を守りましょう」と書かれていますが、何と一緒に薬を飲むかというのは用法を守ることになるので、とても大切です。

 

私は薬剤師さんに薬の飲み方を相談したことで、薬の正しい飲み方ができるようになり、薬の効果を以前より実感できるようになりました。
薬によって、飲み方の用法、用量は違いますので、かかりつけの薬剤師さんなどに相談しながら正しく薬を飲みましょう。

健康について多くの人が関心をよせています。
今ではたくさんのサプリメントがありますし、健康法もたくさんあります。

 

最近は健康ブームといえる程にテレビや雑誌、出版などで特集が組まれています。
健康になるための情報は多いですが、やはり生活習慣は健康に大きな影響を与えています。

 

健康というのは本来、病気にならないための「予防」という側面があるのではないでしょうか。
そういった意味においても、普段の生活習慣がとても大切なのです。

 

健康といえば身体的なものを思い浮かべがちですが、精神的な健康も重要です。
「病は気から」という言葉があるように、健康になることも「気」からなのです。

 

私は健康のために基本となる生活習慣の見直しや改善が先ずは重要だと思います。
健康の基本となることは3つあります。

 

「食事」「運動」「睡眠」です。
この3つの基本を実践することで健康になるための基礎ができていきます。

 

食事については、やはり野菜をたくさん食べることが大切です。
現在は野菜の栄養素を含んだサプリメントなども多く販売されています。

 

しかし私は、野菜をしっかり噛んで食べるということが健康にとても良いと思っています。
野菜を食べるのは栄養素を吸収するためだけではなく、しっかりと噛む習慣をつけることが重要だからです。

 

噛むという作業は脳を活性化してくれます。
食事をゆっくりと噛んで食べる習慣を大切にしましょう。

 

そして野菜だけではなく、魚や肉などもバランスよく食べていくことで健康的で強い身体をつくりことが大切です。

 

食事以外では運動することも健康にとても良いです。
運動をする際に注意したいのが、ハードな運動です。

 

過度に運動は健康にとって逆効果になりかねません。
自分に合った「適度な運動」を心がけましょう。

 

ポイントは、適度な疲れがあるくらいの運動をすることです。
運動を終えた時に、爽快感があるイメージです。

 

無理な運動は継続するのが困難なものです。
少しづつでも自分のペースで続けられる程度に運動をしていくことが重要です。アフターピル通販

 

適度な運動の良いところは、心身ともにリフレッシュできることです。
気持ちが前向きになり、健康にとても良いです。

 

適度な運動による程よい身体の疲れは、良い睡眠をもたらします。
心身ともにリラックスした状態となり、快眠できるようになります。

 

このように、「食事」「運動」「睡眠」は生活のリズムを良い方向に循環させてくれるのです。
自分のライフワークに合った生活のリズムで、健康を手に入れていきましょう。

自分は病院や薬を飲むことがあまり好きではありませんでした。
そのため病気にかかっても自力で完治すことに努め、睡眠や休息を十分に取るようにしたり、栄養のあるものを食べるなどして病気を治してきました。

 

しかしあるとき高熱が出てそれが何日も引かなかったので、意を決して病院へ行きました。

 

診察室に入って苦しそうにしている自分を見て先生は「症状が重くなってから病院へ来るのではなく、何かおかしいと感じたらすぐに来なければ苦しい思いをするだけだよ」と言いました。

 

よく風邪は引き始めが肝心といいますが、早めに治療すればするほど苦しい思いをしなくてすみますし、完治も早いというのは本当のようです。
また病院で出される薬は先生が患者さんの症状を診察してから出されるものですので、患者さんにマッチしたものです。ed治療薬レビトラ

 

もちろん市販されている薬も効果的ですが、病原は様々ですので調子が悪いからといってドラッグストアで薬を購入して飲むというよりも、病院へ行って診察してもらい、処方された薬を飲む方が確実です。

 

また少し調子が悪いからといって頻繁に薬を飲むことは避けた方がよいようです。
もともと体には体内に侵入したウィルスや菌などと戦う力が備わっており、体調を自分で整える能力を有しています。

 

しかし薬を頻繁に飲むことでこの能力が少しずつ弱くなってしまうことがあります。
また少量の薬を飲んだだけでは効果が現れなくなってしまうこともあるようです。

 

もちろん個々の体質は異なるために一概には言えないかもしれませんが、薬を飲む頻度に関しては注意した方がよいでしょう。
インフルエンザなどは予防することは可能ですが、それにかかってしまうと非常に苦しい思いをしなければなりません。

 

それでそのような病気にかかってしまったのではないかと感じたらすぐに病院へ行き、早めの対処を心がけるようにするべきです。

 

このような病気に対するバランスの取れた見方をすることで、健康を維持することができます。